メールで問い合わせる24時間受付 048-252-3100平日8:30〜17:30

ブログ

建設業でチャットGPTなどの生成AIはどう活用できる?

ChatGPTも結構世の中に浸透してきていますが…
ビジネスでは以下の事が簡単に出来ます。

・メールの自動返信
・テキストの自動生成(企画書やプレゼンテーション、議事録、FAQの作成 等)
・データの自動分類や編集・校正
・画像の自動分類
・ビジネス文章の要約
・ビジネス文章の翻訳

では、建築業界での活用は

ChatGPTはインターネット上の様々な分野の文書を学習させた汎用LLMであり、
専門領域での正確な回答が難しく、そのまま建設業務に組み込むことが困難でした。

最近では
対話形式で過去の議事録や図面データ等の検索、
仕様書などの文章の自動生成が可能です。建設関連の法令やユーザー企業の社内資料を学習させて、
その検索能力や出力する情報の精度を向上させており、
BIM(ビル建設プロジェクトの設計フェーズや建築フェーズを管理する仕組)の操作もできます。

また、LLMに建築基準法などの関連法規や国の標準仕様書、
取引先企業の社内資料などを学習させて、
専門性の高い質問にも適切な回答ができるようにしたのです。
そして、段階を踏んだ情報検索や引用元データの表示などが特徴になっています。
当社でもどんどん活用していき業務の効率化を進めていけたら良いですね!

Y.I

一覧に戻る
PAGE TOP